Lisaろぐ。

アメリカ駐妻。アメリカ生活情報、駐妻の生態、アンティーク食器、ワークアウトなどを、こっそりアメリカ生活を楽しんでいる駐妻がお届けします。

MENU

【アメリカ版メルカリ】転売ヤーに売ってしまう!

こんにちは!Lisaです!

今回は、『ちょっとこれはどうなの〜!?』っていう取引を体験したのでご紹介します。

 

我が家は、去年のブラックフライデーでダイソンの掃除機を新しく購入しました。

以前もダイソンを使用していたのですが、一度バッテリーを交換して問題なく使っていました。

しかし、長年使っており、ダイソンも改良を続けていたこともあり、確実に吸引力が上がっていました。部品も一部壊れていたことから、新しいものを購入することにしました。

 

以前のものは『車の掃除にでも使おうかな〜♪』なんて考えていましたが、結局洗車後に無料で使える掃除機がありあまり使わず。

 

日本に持って帰っても、いらなくなって捨てるのにお金がかかるので売ることにしました。

 

  

メルカリで出品!

 

実は、長いステックの部分が壊れてしまい、ハンディタイプでしか使えない掃除機になっていました。笑

それでも問題なく動くので、そういうことをきちんと説明して出品しました。あまり売れることは期待していませんでした。

ただ、付属のツールをたくさん持っていて、新しいダイソンにはそれ用のツールが付属してきたので不要となってしまい、もったいないなぁ、どなたか使ってくれる方がいればと思い出品しました。

 

出品後1時間で売れる!

 

f:id:Lisausa:20210405104039j:image

 

まさかの1時間ほどで購入者が現れました。

その時は、断捨離していて忙しかったので購入者の詳細は見ずにパッキングして発送しました。

 

購入者の元に到着

 

購入者の元に到着してから、翌日メッセージが届きました。

『チャージしても充電が長く続かない。』

 

間違いなく前回のバッテリー交換から2年は経っているので、そういうこともきちんと記載しました。

私は3年仕様して、充電が長く続かなかったからバッテリーを交換したわけです。それから2年。そろそろ寿命も近いでしょう。そう書いているんだから、新品同様のバッテリーの持ちは期待しないで欲しいです。

私はちょっと前まで使用していたので、ある程度の掃除ができるのは確認していました。

でも私はもうあまり利益は追求していなかったので、「返品して下さい!」と伝えました。

 

返品して欲しいと思った理由

 毎日、充電が空になるまで使った場合バッテリーの寿命は2年。

参考文献;ダイソン V6 V7 V8 V10 V11:バッテリーの価格と交換目安(寿命)はどれくらい? | コードレス掃除機マニアの比較サイト(マキタ菌)

 

そもそもダイソンの充電式の掃除機、バッテリー持ちはどんどん悪くなります。私も毎日とは言いませんが、充電が空になるまで使っていました。年々、もちが悪くなるのでどうしても空になっていました。子供がいるので汚れるたびに少しずつ使用していました。

3年ほどでバッテリーを交換しました。

 

周りの友達に聞いても平均的かなと思っています。

ダイソンのバッテリーは、アマゾンに売っています。

まさにV6だったので、アメリカでも5000円ほど出して交換しました。

 

 

交換方法もYouTubeを見れば簡単にできます。

掃除機が欲しくて買った人なら許容範囲ですよね。バッテリー勝手でも安く手に入れたんだからとは思わないのかな?新品ではないので、理解して欲しいかな?と思い、バイヤーさんに疑問を抱き、バイヤーさんのページを見てみることにしました。

 

転売ヤーに売っていた!

 私が返品して欲しいと思った理由はこちらです。

バイヤーページみたら、まさかの、「掃除機専門の転売ヤー!」

 

苦情を受けて、本人のページを見にきました。

そしたら、まさかの転売ヤー

もうびっくりです。

 

f:id:Lisausa:20210405104049j:image

 

ずーっと見ていくとダイソンは「100ドル以上の値段」で売っています。

 

私はその半値以下で売ったので、確かにバッテリーまで交換するとあまり利益が出ませんね。笑

私、転売ヤー大嫌いなので返して欲しくなりました。私から買った掃除機をいくらで販売する予定だったのか、ちょっと腹が立ちます。

 

最後に

メルカリなどで売る場合、確かに購入者は選べません。でも私は、ヴィンテージ食器などはそれを大切にする人に買ってもらいたいなと思って出品しました。運良くコレクターさんの元へお嫁に行ってくれました。

今回、転売ヤーだと知ってても拒否はできなかったのですが、日本でもアメリカでも「転売ヤー」という商売でお金を稼いでいる人はいるんだな、といい経験になりました。一方でセラーとしては、バイヤーを選ぶなんてそもそも商売するには向いていないんだなぁとは思いました。笑

皆様も、転売ヤーにはお気をつけ下さい。

 

 

ブログランキングに参加しています♪

お帰りの際に、下記リンクからポチッとよろしくお願いします。

 

また、このブログが役に立った!面白かった!といういう方は

はてなスターもポチッとよろしくお願いします♪