Lisaろぐ。

アメリカ駐妻。元ナース。アメリカ生活情報、アンティーク食器、ワークアウト情報をお届け。時々、徒然ナース日記。

MENU

【駐妻必見!】日本からアメリカに持っていくべき美容家電!肌がボロボロになった私。

みなさん、こんにちは!

 駐妻歴6年目のLisaです。

 

今までアメリカに来てから美容に関しては、色んなことがありました。

渡米前は想像もしなかった環境の違いから起こるお肌のトラブル!

 

  • 大量にできた大人ニキビ
  • 乾燥のため肌がカピカピに
  • きつい日差しによる日焼け・シミ・たるみ
 
渡米してからたくさん悩まされました。ですので、渡米準備に少しでも参考になればと思います。
 
 
この記事を書いた人
  • 駐妻歴6年目
  • アメリカ国内、西海岸、東海岸、中西部、西部、南部、様々地域に旅行経験あり
  • 混合肌

 

 

日本で美容家電を買ってアメリカに持ってくる場合の注意点

日本の電圧は100V、アメリカの電圧は120Vのため、変圧器を使用することを推奨します。

 また、海外対応でないもの以外は、変圧器を使用しても海外で使用する場合は保証対象外です。その覚悟で持っていて下さい!

脱毛器

アメリカで受ける美容医療は非常に高額です。

レーザー脱毛の料金

  • ビキニライン      $150 – $275
  • あご、もみあげなど    $75 -$150
  • 足全体         $275 – $400
  • 腕全体            $350 to $400. 

How Much Does Laser Hair Removal Cost? | Joplin Laser Hair Removal | Derma Tech

全て英語で施術なります。英語が上手に話せる人には問題ないかもしれませんが、レーザーを受けて万が一、トラブルなどがあれば英語で対応しなければなりません。アメリカでのこういう系のトラブル対応は非常に厄介です。

また、日本のエステティシャンの方から、「白人の肌に合わせたレベルで照射するため、アジア人には刺激が強いこともある。」ということも聞きました。

以上の理由で私は脱毛器『ケノン』を持参しました。船便で運べます。

外国の方は、VIO脱毛している方も多く、夏は特にビキニになります。脇や腕、足の脱毛はお済みですか?ケノンは本当に効果があるので、高いですがおすすめです。

 

f:id:Lisausa:20210122010241j:image

 

 

コテ(海外対応)

 

「Ulta Beayty」というお店は、化粧品がメインですが、ドライヤーやコテなども売っています。また、お試しできることがポイントが高いです。

私は日本から、コテを持ってきていたのですが壊れてしまい、「Ulta」に見に行ったものの、気にいるものが見つからず、一時帰国の際に購入しました。アメリカのコテで気になったのは、髪へのダメージがよくわからなかったので購入に至りました。

私が買ったのは「クレイツ」というブランドのコテです。こちらは、友達が使っていて借りて試してあと、気に入って買いました。髪の毛が艶々になるので好きです。

 

f:id:Lisausa:20210122010247j:image

 

スチーマー

渡米後に、乾燥によるものか、紫外線のキツさから来るものか、丸一年、大人ニキビに悩みました。

渡米後から少しずつ少しずつ積み重ねた乾燥からくるダメージが数年の時を経て、大人ニキビとして大爆発したのかなと思っています。

そこで、化粧水や乳液、美容液では保湿やケアが足りないことを実感し、スチーマーを導入しました。

 

パリパリしていた肌に慣れて、いつの間にか乾燥していることに気づかなくなっていた私。

スチーマーをするとみるみる肌の感じがモチモチに変化していきました。

「渡米当時から持ってこればよかった。」という最大の後悔をした一品です。

 

f:id:Lisausa:20210122010300j:image

 

アメリカの肌で感じる乾燥の程度

私の住んでいる場所は、東寄りで西部よりは湿度の高めな地域です。それでも日本の湿度と比べると乾燥している地域になります。

LAやグランドキャニオンに行った際、乾燥に備えて日本で購入した保湿パック等を持参していきましたが、5日目には肌が痛くなっていました。それほど、西部エリアの乾燥は強く感じました。西部に駐在予定の方は、保湿に関しては重視した方が良いかと思います。

 

私が美顔器を買わなかった理由 

ここまで美容家電が出てきたのに、そうして美顔器を購入していないのか?と思いませんか?

大人ニキビに悩んだ時に、美顔器を購入しようと思いました。

でもやめました。それは、

 

当時はマイナス6D以上の方へのRFまたは超音波美顔器の使用は禁止されています。

 

という禁止事項が記載されていたためです。

私は、マイナス6D 以上ではないのですが、トラブルがあっては嫌だったのでやめました。

 

現在では、変更されているみたいなので購入もありだと思います。アメリカで受ける美容医療は高いですからね♪

 

【RF美顔器】 強度の近視(-6D以上)におけるRF美顔器の使用について


強度の近視の方(-6D以上)も使えます。

旧商品の取扱説明書や個装箱において、強度の近視の人(-6D以上)の使用を禁止しておりました。
振動刺激による目のトラブルを想定して記載をしていましたが、機器による振動は、歩行などの日常生活で発生する振動よりも弱く設定しており、禁止部位である「まぶた」に使わない限り、リスクはないとの専門医の見解により見直しました。

【RF美顔器】 強度の近視(-6D以上)におけるRF美顔器の使用について - フェイスケア - Panasonic

 

【渡米後】ヤーマン メディリフト 

こちらは、在米してる間にアラフォーになってしまい、たるみを気にし始めたので一時帰国にて購入しました。

毎日厳しい日差しを浴び、夏は子供とプールに入り、一日中紫外線を浴びた肌は老化の進行がとても早い気がしました。

付属の専用のジェルは高いし、アメリカでは手に入らないのでパックを使用しています。

日本よりは少し高いですが、ルルルンが毎日使うのにもコスパも良くアメリカのAmazonでも購入できます。

 

 

 

f:id:Lisausa:20210122010356j:image

 

注意

私は過度に引っ張りすぎてマスクを破ってしまいました。交換を申し出るも保証期間半年という短い期間な上に、海外発送は対応していません

。新しいものの購入を勧められましたが、マスクだけで1万円、、、。現在はそのまま使用していますが、過度に引っ張るような扱いにはご注意下さい。笑

 

アメリカでも買える家電

ドライヤー

 こちらは、今日本でも大人気の「ダイソン」のドライヤーが日本より安く手に入ります。

また、私のおすすめT3ドライヤーは、以前使用していた「Panasonicのナノケア」よりも風量が強く、乾きも早いので、アメリカのドライヤーの方が私は好きです。

もし日本にお気に入りのドライヤーがあれば、持参はした方がいいと思います。

 

 

まとめ

6年かけてこれだけの美容道具にお金をかけました。

私は、コンビネーション肌です。乾燥肌というわけではないのに、アメリカに来てから、色々な肌トラブルにとても悩まされましたし、年齢的なものもあるのかシミもで始め、たるみも気になりました。

日本に帰って驚くのは、日本人の肌の綺麗さ。アメリカにいると忘れてしまいそうになりますが、アメリカでは日本にいる時以上にお肌をケアしてあげなければいけないと思いました。

美容家電については日本が一番です!!

アメリカでも売られていますが、値段も安かろう悪かろうです。そして、美容家電についてAmazonで検索しても日本の家電が検索結果として表示されます。

日本の製品なので、アメリカで買うと日本で買うよりもちろん高いです。

日本での購入検討をおすすめします。

 

素敵な駐妻ライフになるこを祈っています♪

合わせて読みたい

 

ブログランキングに参加しています♪

お帰りの際に、下記リンクからポチッとよろしくお願いします。

 

また、このブログが役に立った!面白かった!といういう方は

はてなスターもポチッとよろしくお願いします♪