Lisaろぐ。

アメリカ駐妻。アメリカ生活情報、駐妻の生態、アンティーク食器、ワークアウトなどを、こっそりアメリカ生活を楽しんでいる駐妻がお届けします。

MENU

【渡米準備】駐妻歴6年目の私が語る絶対に持っていくべき家電。

こんにちは!Lisaです!

今回は、「アメリカ赴任準備〜家電編〜」です。

 

なぜ皆さんにこちらをお届けしようと思ったか。

私は渡米前、たくさんググりました。そしてたくさん購入し準備しました。

しかし、実際にはアメリカに来てみると不要なものが多かったです!

あんなにたくさん読んだのに!

 

と思うでしょ?

そんな私のように後悔しないために、こちらに「アメリカに持っていくべき家電!」をまとめました♪

 

この記事を書いた人
  • 駐妻歴6年目
  • 日本から持参した家電も壊れ始め、アメリカで購入することも増える
  • 日米の家電比較が可能

 

 

 アメリカ赴任準備 「絶対に持っていくべき家電3選!」

布団乾燥機

こちらはマストハブです!

私は日立の布団乾燥機を購入して持参しました。お布団が外に干せない、アメリカそれはそれは大活躍してくれました。

しかし、5年でホースの部分が壊れました。

日立の布団乾燥機はとても活躍してくれて、特に不満はありませんでしたが、一つだけ困ったことは、大きく保管に場所をとることでした。

 

アメリカで購入できるものに、日立のもありましたが置き場所のこともあり、アイリスオーヤマのカラリエUSA版を買いました。

日立に比べ小さくてとても気に入っています。シングルホースのものを買いましたがパワーは日立ほどあると思います。主に、ダニ退治に使用しています。その他冬は、雪の降る地域ですと、濡れたブーツを乾かしたり大活躍です。ぜひ検討してみて下さい。

 

Point

布団乾燥機は、家電の中でも1位、2位を争うほど、電力が必要です。ですので、壊れるのを恐れ変圧器を使用していました。しかし、乾燥機はかなりの熱量が必要なため、1500wの変圧器で対応していました。

 

 
 
私はこちらの変圧器を使用しています。変圧器も家電も壊れず5年は使用しています。

 

ホームベーカリー 

Panasonicのホームベーカリーを購入して使用しています。

 

アメリカのスーパーのベーカリーコーナー行ったことありますか?

大量の防腐剤でも使用しているような、化学系のにおいがします。あまりいいにおいではありません。

また、アメリカのスーパーのパンは賞味期限が長い。

添加物も多そうという理由で、ホームベーカリーは持参して本当によかったと思っています。

また、友達とパーティーをするときなどに、差し入れとしてパンを焼いて持っていくと喜ばれたりします。

Point

パンを焼くのに使う強力粉が日本より安い。

 

日本で人気ランキングに入っている強力粉は、1で600円前後です。2Kgで1200円ちょっと。

一方で、アメリカの強力粉は2.27Kgで$3.68です。

 

強力粉がとても安く手に入るので、ぜひ色々なパンを作ってみて下さい♪

 

余談ですがこちらの強力粉がスーパーに売っています。

いつもオーガニックのものを購入しています。とても美味しくパンが出来上がります♪

f:id:Lisausa:20210122120730j:plain


 

☆ホームベーカリーは、1000Wの変圧器を使用して使っています。

 

 

炊飯器

持っていかない人、いないですよね?笑

アメリカでも売っていて、アメリカのAmazonrice cooker』と検索すると出てきます。

ですが、もちろん日本の炊飯器の方が美味しく炊けます♪

Point

我が家は壊れるのを恐れて変圧器を使用していましたが、変圧器が壊れてからはもう数年変圧器を使用せず、きちんと動いています。炊き上がりに差は感じませんし、トラブルもないですが、自己責任でお願いします。1500Wの変圧器を使用していました。

 

 アメリカ赴任準備 「その他の重要家電 」

これ以下のものについては、必ず個人で意見が分かれる家電です。

家族構成、単身や帯同か、子供がいるかいないか、自費留学か、などによって必要家電が変わってきます。

自分にとって必要かということを考えて、決めることが後悔しないポイントです。

 

ホットプレート(たこ焼き機能付き)

私は、持ってきてよかったです。アメリカにいると日本のものが食べたくなるし、お好み焼き屋さんやたこ焼き屋さんなどはありません。また、お子様がいる家庭などは、仲良くなった日本人家族やアメリカ人のご家族を呼んでパーティーする時にも大活躍してくれます。

Point

変圧器が必要です。

変圧器がないと、アメリカの電圧の方が高いので焦げてうまくできない場合があります。

 

カセットコンロ 

土鍋も持参して冬の時期に活躍。ガスボンベは日系や韓国スーパーで手に入ります。薄型をオススメします。

しかし、鍋をするなら電気鍋でも対応可能。最近は、おしゃれなブルーノをお持ちの方も増えています。パーティでも、ブルーノだとおしゃれになります♪

 

毛玉取り器

「Lint remover」Amazonで検索すれば、アメリカでも買えます。

ただ私のお気に入り、テスコムアメリカのAmazonにはありませんでした。 

パソコン

パソコンについては、日本語配列が良いか英語配列が良いかで変わってきます。

我が家は、英語配列がよかったので、アメリカで買いました。アメリカは、下位モデルが200ドル〜購入でます。

また、コロナ禍でリモートワーク、オンライン授業が必須となっています。会社やお住まいのカウンティで支給される場合が多いですが、日本語補習校までオンライン授業の場合も多く、家庭用パソコンが1台、2台あると便利だと思います。【2020 12月現在】   

 

Point

パソコンについて調べましたが、HPやLenovoなど日本にある同じメーカーのパソコンでもこちらで購入すると保証が効きません。唯一、グローバル補償をしてるのは、Appleのみです。

 

ミシン    

こちらは、裁縫が好きかどうかで変わってきます。趣味の方はもちろんですが、迷っておられる方は持ってきた方が良いかもしれません。アメリカでも売っていますが、説明や表示がすべて英語です。使い慣れたものがあれば、ぜひお持ち下さい。

ミシンとは関係ないですが、アメリカに来てからクロスステッチを始められたり、ポットラック用のバッグを作ったり、とされる方も多いです。また、裁縫系のお店も多いため、生地や糸などは容易に手に入ります。


ドライヤー  

ドライヤーについては、日本から持参して使用していました。途中で壊れたので、こちらで購入しました。Ulta Beautyという化粧品を扱っているお店でお試しすることができ、アメリカのドライヤーはとてもパワフルです。

  

加湿器    

私は、買っていきました。しかし、フィルターの替えは日本にしか売っておらず、とても困りました。というのも、フィルターが予想外に汚れていき予想回数より多めに交換したためです。

Point

日本の空気清浄機付き加湿器を持っていく場合は、フィルター交換の予備を多めにということが重要です。

 

また、アメリカのでノンフィルター製品が安く買えます。乾燥がひどくVicks製品も購入したのですが、手入れも簡単でとても気に入っています。


掃除機   

こちらでは、ダイソンやルンバが安く手に入ります。

日本よりも家も広いのでコンパクトな手軽なタイプもあまり必要ないかと思います。むしろ家が広いので、ルンバの方が役立つ家もあるかもしれません。アメリカの掃除機は大きくて重いという概念はもう古いです。掃除機に関しては、こちらで購入の方も多いです。


アイロン  

アイロンに関しては、こちらで購入したもの使っていますが、日本の方が高性能のような気がします。アイロンに関しては、持参をオススメします。

 

まとめ

アメリカ赴任に持っていくべき家電はいかがでしたか?

家電に関しては、ご自分の環境によって必要家電がそれぞれ異なってきますので、よく考えてから持っていく家電を選別するのが良いかと思います。

こちらの記事が、参考になれば幸いです。

皆様のアメリカライフが楽しいものになりますように!
 

 

アメリカ赴任に絶対持っていきたい、美容家電についてもまとめました♪
 

合わせて読みたい

 

ブログランキングに参加しています♪

お帰りの際に、下記リンクからポチッとよろしくお願いします。

 

また、このブログが役に立った!面白かった!といういう方は

はてなスターもポチッとよろしくお願いします♪