Lisaろぐ。

アメリカ駐妻。元ナース。アメリカ生活情報、アンティーク食器、ワークアウト情報をお届け。時々、徒然ナース日記。

MENU

【ストウブ】アメリカでラウンド24cmでご飯を炊く。

こんにちは!Lisaです!

今回は、今更「ストウブ」にはまる編です。笑

 

渡米してわりとすぐ、ブラックフライデーでした。

当時まだ友達もいなくて何を買えばいいのかよくわからなかったものの、ブログを読んでいた事もあり「ストウブ」が安くなるとの情報を得て買ったのが5年前?

カレーなどには使用していましたが、フライパンも使うし、炊飯器は日本から持ってきてるしで基本、煮込み料理のみに使っていました。

 

なんてもったいない〜

 

今は、コロナ禍でもありレストランに行く機会も減り、外出も減り、家で美味しいご飯が食べたいと思うようになりました。そして私は、大橋由香さんの「ズボラ料理教室」という動画に出会い、ストウブの素晴らしさに気づきました。ストウブは知れば知るほど、奥深いです。

今回は、そんなストウブを使って米を炊いてみたのでレポートします。

 

この記事を読むのにおすすめな人
  • ストウブを買おうか迷っている人
  • ストウブを煮込み料理にしか使ってない人
  • ストウブで米を炊いていみたい人

 

 

ズボラ料理教室のYouTube

こちらは料理家で、神奈川県厚木市で、「はるひごはん」というストウブビストロを経営されています。

彼女の動画の中でのズボラさが、もう私にはピンポイントです。笑

私もストウブの周りは洗っていないなし、酷いもんです。中は綺麗なんですけどね。でも、ストウブは汚くてもとても美味しそうだし、実際無水カレーなんかもYouTubeを観て作ったのですが、とても美味しくできました。

興味のある方は、ぜひYouTubeを一度見て観てください。

 


ストウブの本

大橋由香さんは、本も出されていて、ご本人いわくこちらが一番売れているそうです。

 日本に帰ったら買おうと思っています。

 

「ストウブで無水調理」

 

 あと、こちらは「大橋さんちの普段ご飯」が掲載されているそうです。こちらも買おうかなと思っています。

ストウブ&無水調理でおいしい! ふだんごはん

 他にもいろんな本を出版されていますので、ご興味のある方は検索してみて下さい。

 

 

お米を炊くには「ココハン」が良い。

お米用に作られた「ココハン」というストウブがあります。

正式名称は、「ラ ココット デ ゴハン」というそうです。日本ではそういう名前ですが、もちろんアメリカでは別名称です。

 


 

 こちらのストウブが「ココハン」と呼ばれるストウブです。

こちらのタイプはMサイズですね。

アメリカでは、Staub Enameled Cast Iron Petite French Oven」と呼ばれていて、「1 1/2-Qt.」というのが、こちらのMサイズになっています。

 

こちらはLサイズがあります。アメリカでは、Staub Enameled Cast Iron Demi French Oven, 3 1/4-Qt.」と書かれているものがLサイズとなります。

 

我が家は、いつも5合炊くようにしているのでMサイズではなく、Lサイズを注文したのは良いのですが、入荷が4月という事で、、、、。おそらくコロナの影響かと思いますが。

そうして「ストウブでご飯を炊きたい」熱が冷めやらぬうちに、持っているラウンドのストウブで米を炊いてみることにしました。

 

今回、私がオーダーした「ココハン L」

本当に届くのかなぁ?勝手に注文キャンセルとかになりそうなんて思っています。(アメリカあるある)

 

Staub Enameled Cast Iron Demi French Oven, 3 1/4-Qt., Sapphire

 

 私のストウブ

私のストウブは、4qtと表記されているストウブです。

こちらが、日本で言う24cmとなります。

大橋さんのストウブのように汚れているので綺麗な画像を。笑 

アメリカのブラックフライデーで安くなるのは、基本的に24cmのラウンドです。

そして色がチェリー、ブラック、ホワイトとで当時は「william-sonoma」のみロイヤルブルーを扱っていました。

今は変わっているので、その年のストウブをいろんなサイトでチェックしてみて下さい。

 

 

Staub Enameled Cast Iron Round Dutch Oven, 4-Qt., Sapphire Blue

https://www.williams-sonoma.com/products/staub-round-cocotte/

 

アメリカと日本のサイズ表記の違い

アメリカ     日本

0.25qt   10cm   0.25ℓ

0.50qt   12cm   0.4ℓ

0.75qt   14cm   0.8ℓ

1.25qt      16cm   1.2ℓ

1.75qt      18cm   1.7ℓ

2.25qt     20cm   2.2ℓ

2.75qt     22cm   2.6ℓ

4.00qt     24cm   3.8ℓ

5.50qt     26cm   5.2ℓ

7.00qt     28cm   6.7ℓ

9.00qt     30cm   8.35ℓ

13.25qt   34cm   12.6ℓ

参考サイト STAUBをアメリカ(海外)で買う時のサイズ選び | みらい便り 〜東京日常編〜

 

ラウンド24cmで米5合を炊く。

まず米5号を洗ってストウブに水600mlを入れて浸します。

夏は20分でも良いそうですが、冬は30分ほどは必要だと思います。

 

f:id:Lisausa:20210218002111j:image

 

30分ほどほったらかして、中火にかけます。

アメリカだと私は、7くらいにしています。

せっかちなので、7くらいにしないとなかなか沸騰しないので。

 

f:id:Lisausa:20210218005157j:image

ストウブは強火厳禁です。

 

炊飯動画やブログをみていると、

「蓋を開けてやっている人」

「蓋を少し開けてやっている人」

「蓋を閉めてやっている人」

みなさん様々なのですが、

私は、「蓋を少し開けてやってみました。」

ほんの少しずらして、沸騰加減がわかるようにです。

 

写真のために開けました。

このくらいぐつぐつ言うと沸騰したと言うことだそうです。

 

グツグツの程度が弱いと、下の方の米に熱が入らずふっくら炊けないそうで、

沸騰はしっかりさせるのがコツ。


f:id:Lisausa:20210218001853j:image

 

沸騰したら、底から混ぜます。

これも混ぜない人もいるそうです。私は混ぜてみました。

 

そして弱火にします。

ここで初回失敗しました。4にしていたのですが、超弱火で良いです。

下がうっすら焦げてる部分がありましたので、2くらいで10分ご飯を炊きます。

 

f:id:Lisausa:20210218005157j:image

 

そして10分経ったら、10分蒸します。

 

そうして完成!!

 

 

完成した写真を撮り忘れました。笑

 

ストウブで炊いた米を食べてみて

アメリカで買う日本米は、「田牧米」と言う少し平均より高い米が美味しいです。それ以外は、普通です。

アメリカの米は、カリフォルニアで育った日本米です。私の住んでいる地域では、日本のような新米とかは売ってないです。それでも私は農家で育ったわけでもないし味がわかる方からしたら美味しくないと思う方もいるかも知れませんが、普通においしく食べています。

 

この方法でやってみたところ、きっちり下の米まで火が通っていました。

うちの夫は、硬めの米が好きなのでとても気に入っていました。

ストウブのラウンドで炊いたご飯と、ココハンで炊いたご飯を比べたブログがあって、そちらでは、「ラウンドの方がやや硬く炊ける」と書かれていました。うちの炊飯器ですると柔らかくなってしまうので、夫はこちらの方が好きみたいです。

私も、ストウブでやった方が米一粒一粒がしっかりしていて、感動しました。放っておく時間があるので、その間にタイマーをかけておいて料理をしています。

ストウブで炊くご飯が美味しくて炊飯器を捨てた家庭もたくさんあるそうです。早く「ココハン」で炊いてみたいです。ストウブをお持ちの方にはぜひ挑戦してみて欲しいです。

「ココハン」はコストコが一番安いそうです。

 

 

 

ブログランキングに参加しています♪

お帰りの際に、下記リンクからポチッとよろしくお願いします。

 

また、このブログが役に立った!面白かった!といういう方は

はてなスターもポチッとよろしくお願いします♪